2016年4月27日水曜日

翡翠 ルース 1.029ct 中古 ソーティングメモ付き



お!という、存在感のある力強い緑です。

色むら、インクルージョン ありますが、

昔の翡翠の「緑」をお探しの方には、ちょっと見てもらってもいいかな?

という感じです。

透明感はなさそでありそなありそでなさそな

透明感ないよねー

?!以外にあるかも?(部分的に)

という感じです。

うまく伝わらないと思いますが…

表面にキズもありますので、品質重視の方にはお勧めできませんが、

色重視の方には喜んでいただけるといいな

写真は、とても色むらが激しく見えますが、実際はこんな感じでは見えません。

ただ、本当に良質の翡翠はこのように写りませんので、

やはり、インクルージョンは割とあります。

ご購入はこちらをクリック!↓
http://classics.shop-pro.jp/?pid=101646432


>> VINTAGE JAPANESE JEWELRY / 肥前屋質店


翡翠 ルース 1.250ct 中古 ソーティングメモ付き



アップルグリーン系

ほんのり白っぽいというか、薄いグレーというか、パリッとした色ではありません。

透明感もう一つです。

と書きましたが、ジュエリーにセットされていたもので、悪くはない

位でしょうか。

色が良くて、透明感もあって、という翡翠はほぼないと思ってもらった方がいいと思いますので、

どこに重きを置くかですかね?

宝石総合科学研究所のソーティングメモ付き

ご購入はこちらをクリック!↓
http://classics.shop-pro.jp/?pid=101646088


>> VINTAGE JAPANESE JEWELRY / 肥前屋質店


日記

4月27日 雨

自分がどこをめざそうとしているか、改めて見直すために、

かわいいなぁ~、で、コツコツ集めていた千本透かしリングをまとめてみた。(PMダイヤモンド取巻き系は入ってませんが…)







・・・











うーむ・・・

自分がどこをめざそうとしているか、余計わからなくなった・・・









自分探しじゃなくて、日本のジュエリー探しの旅は続きます・・・







千本透かし ブログ

>> VINTAGE JAPANESE JEWELRY / 肥前屋質店


2016年4月26日火曜日

ダイヤモンドルース 1.8ct 中古



相変わらず、雑な撮影で申し訳ないのですが…

1.8ctのダイヤモンドのルースです。

カットがFairなのは、ちょっと形が平たいからです。

縦長ですと石が小さく見えますが、こちらのルースは2ctサイズに見えますのでFairにしては良い方ですね。

対称性もありますし、光が抜けずに、下部の面からの反射もあり、ダイヤモンドの円形の中に、チラチラと細かい輝きが見えて、良い感じです。

ガードルは面取りされていますので、結構古いよ~って感じではありません。

ご購入はこちらをクリック!↓
http://classics.shop-pro.jp/?pid=101633900


>> VINTAGE JAPANESE JEWELRY / 肥前屋質店


2016年4月24日日曜日

四角のメレダイヤモンドをふんだんに… 葉っぱ&ハート モチーフ K18WG ペンダント 中古


汚い指のドアップお許しください・・・

仕上げ完了~


屋外で撮影。

控えめと言っても、これからの季節、日差しも強いので、光を跳ね返すダイヤモンドの輝きもバシバシッっと輝きます。


屋内撮影。光を跳ね返すだけがダイヤモンドではなく、こういう控えめさも良いと思います。

↑仕上げ完了



単に金具をつければよいというものではなく、

工賃が割とかかってしまったり、見栄え的にちょっと・・・ な点もあるという事で、

おススメできませんでした。

というわけで、再出品です。



ブローチにリフォームできないかのお問合せちうです。



まぁ、こういうものは、枠が鋳造であっても、テンション上がりますよねぇ

テーパーカット、バゲットカットのメレダイヤモンドをビシーッと使ったペンダント

様々な角度の四角のメレダイヤモンドを使っています。

多量のダイヤモンドを使用していても、ミル打ち(ローレットでゴロゴロ?)が入っている、その下にセットされていますので、

一歩引いた感じの控えめな輝きです。

凄いんだけど控えめ、でもよく見るとやっぱスゴイ。

そんな感じで、2度見してしまうようなペンダントです。

通す穴の位置を変えて、ハートのバランス保ったり、斜めにしたりいろいろ変化して使えると思います。

刻印 K18WG 0.64

仕上げの後納品いたします。

ご購入はこちらをクリック!↓
http://classics.shop-pro.jp/?pid=101567712


>> VINTAGE JAPANESE JEWELRY / 肥前屋質店


妙なこだわり



自分でもたまにイヤになってしまう時があるのですが…

例えば、このクリソベリルキャッツアイの唐草リング。

写真で見るより、肉眼ではわりに斜めってますがわりにピシとメリハリの効いた線が入って、

面白いのが、ミル打ちは一打一打打っていて、マットな部分は鏨でコンコン叩いていると思うんです。

でも、枠そのものが鋳造(キャスト)何ですよね。

キャストだからって別にいいじゃんってのはありますし、現代のブランドジュエリーの多くは鋳造ですし、

実際、私も良く扱う。

けれども、何か、「これを紹介したい!!」ってところにブレーキがかかる。

時が経てばこれを紹介したい!って気持ちになるのかもしれない。

でも、現時点でそういう気持ちになれないというところで、

カメラのシャッターを押す指、キーボードを打つ指が止まってしまう。

モノがダメなのではなく、割りに良いと思うんですよ。

でも、何かが私の指を留めてしまう・・・

紹介している品々の裏側には、膨大な量のそういう品々があると思っていただければと思います。

やっぱり、自分の気持ちに正直に、自分が紹介したいものを紹介していこう。

ちなみに、こちらで35,000円。

商売しとるやないかっ!!

>> VINTAGE JAPANESE JEWELRY / 肥前屋質店


2016年4月23日土曜日

ファイヤーオパール メキシコオパール 植物モチーフ PT900 リング #8 中古



ファイヤーと言ってもいいのかな?的なメキシコオパール 刻印は1.58

腕は、葉っぱのデザインです。

という事は、中心はお花であるならば、ヒマワリをイメージしますかね?

こういう植物的なデザインはイイデスネ。

枠は鋳造(キャスト)だと思います。



#屋外ジュエリー部

渕上清志さん(@hizenya)がシェアした投稿 -



仕上げの後納品いたします。

ご購入はこちらをクリック!↓
http://classics.shop-pro.jp/?pid=101548801


>> VINTAGE JAPANESE JEWELRY / 肥前屋質店


ブログ アーカイブ