2016年8月3日水曜日

角サファイア&ダイヤモンド WG585 三文字 唐草 リング #9.4 昭和ジュエリー



いぃですね~、古いですねぇ~

WG585という刻印、メレダイヤモンドは、シングルカットがメインですが、ラフカット寄りなものもあったりで、

現代のメレダイヤモンドとは違います。

ダイヤモンドの欠け、割れはあります。

サファイアは、明るめの紺色と言った感じで、

加熱コランダムの歴史を考えると、これは非加熱では?と、思ったりしますが、現状で断定はできません。

まぁ、わざわざ石外して高い鑑別台を払うほどの大きさでもありません。

デザインは、贅肉を削ぎ落とした感じで、それが普遍性を与えているのだと思います。

「585」は、58.5% つまり、金がそれだけ使われているという事で、14/24 つまり、K14 と、同じ意味です。

でも、14÷24は、0.58333333 ですから、58.5% と違いますね。

まぁ、でも、14金ホワイトゴールドと認識いただければと思います。

仕上げの際にロジウムメッキはかけていませんので、なんとなぁく黄色味があります。



仕上済み

ご注文はこちらをクリック!
http://classics.shop-pro.jp/?pid=105680721


>> VINTAGE JAPANESE JEWELRY / 肥前屋質店

0 件のコメント:

コメントを投稿

ブログ アーカイブ