2016年9月22日木曜日

ブレブレで申し訳ありません

いろいろ便利すぎて、

出品記事も試しに http://hizenya.net



こちらに更新しています。

とりあえずさっと出品して、後日説明つけ足していく。

そんな感じの実験中。



どうぞよろしくお願いいたします。



>> VINTAGE JAPANESE JEWELRY / 肥前屋質店


2016年9月21日水曜日

レッドスピネル0.52ct メレダイヤモンド Pt900 リング #13 中古 



中古で見る限りでは、ほっとんどのルビーが青みを感じさせるのに対し、

この石は青みが全然ありません。

ルビーのようでルビーでない。

そうです。レッドスピネルです。

表面に引っ掻いたような線のような傷はありますが、これはもとからあったと思われます。

研磨して消すことができただろうと思いますが、そうしてしまうと石目が小さくなり、見栄えとのバランスで残っているのだろうと思います。

希少な宝石はどれも、そういうせめぎあいというか、いかに大きく美しく見せるか?というバランスの上にあるものばかりです。

それはさておき、見栄え的には赤の色と言い、透明感と言い、良い感じですよ。

枠は鋳造ですが、しっかりしています。

スピネルそのものを扱う事が少ないので、レッドスピネルをお探しの方にいかがでしょうか?

と言ったリングです。

赤が綺麗ですよ。

中央宝石研究所 ソーティングメモ付き

仕上げの後納品いたします。

ご購入はこちらをクリック!↓
http://classics.shop-pro.jp/?pid=107593771


>> VINTAGE JAPANESE JEWELRY / 肥前屋質店


ダイヤモンド11石 計1.00ct K18WG ペンダント 中古



仕上済み。

あら?黄色味が減ったように感じるのは何故?

↑追記





ほんのり黄色味はありますが、キズの少ない綺麗なダイヤモンドです。

カットも良いので、ダイヤモンドの強い輝きを堪能できます。

本体にチェーンを通しますので、バチカンを使用していないところもポイントですね。

D I A M O N D を楽しみたい! って方に喜んでいただけるかな?と・・・

仕上げの後納品いたします。

ご購入はこちらをクリック!↓
http://classics.shop-pro.jp/?pid=107589368


>> VINTAGE JAPANESE JEWELRY / 肥前屋質店

2016年9月20日火曜日

ダイヤモンド 計1.36ct K18 リング 中古 #13



大きめのラウンドのダイヤモンドにはインクルージョンが確認できます。ただ、輝きを損なうような感じではないので綺麗に輝いています。

角ダイヤモンド、メレダイヤモンドも綺麗です。

何といってもこのリングのポイントは、

側面のメレダイヤモンドでしょうね。

デザイン的に、これがあるのとないのでは随分と違った印象になると思います。

ラウンドばかりではなく、バゲットカットも使用しているのも密かなポイントですね。

仕上げの後納品いたします。

ご購入はこちらをクリック!↓
http://classics.shop-pro.jp/?pid=107566783


>> VINTAGE JAPANESE JEWELRY / 肥前屋質店


S80919

翡翠 ミル打ち 透かし Pt900 リング #14.7 中古



立体感のある造形で、透かしとミル打ちがあり繊細さも感じられるところが良いですね。

枠は鋳造です。

翡翠は発色が良いですが、透明感はあまりありません。白系の色のムラもよく見るとあります。

裏側を地金で塞ぐようにしているのは、翡翠の色をより良く見せるためです。

こういうことをせずに、そのまんま美しい翡翠であるのが理想ですが、

悪意のある処理石とは意味合いが違い、限られた材料とコストの中で、より美しく見せるための技術の一つだと思っています。

色、内包物、キズ、透明感、大きさ。これらが揃った翡翠は、そもそも探し出すことが非常に困難なものだと思いますので…

翡翠そのものにすごくこだわりを持って購入を考えられている方、特に透明感にこだわりを持たれる方には、翡翠としてはお勧めは致しませんが、

宝石を使用した装身具というジュエリーとしてお考えの方には、

デザイン的にも、見栄え的にもご興味を持って見ていただけるかな?と思います。

一般的には、綺麗ですごく良い感じ。

翡翠をマニアックにみると、透明感や色のムラが云々とはなりますが、

ただ、やっぱりこのリングに関しては、デザインがすごく良い感じかなとは思います。

仕上げの後納品いたします。

ご購入はこちらをクリック!↓
http://classics.shop-pro.jp/?pid=107564917


>> VINTAGE JAPANESE JEWELRY / 肥前屋質店


2016年9月19日月曜日

ジュエリーつぶやきはこちらへ移行検討中

他のツールが便利になりすぎて、

今までのブログ(ココログ&グーグルサイト)がどうも微妙で…

ここの、グーグルブロガーはまぁ他に比べるといい感じではあります。

こちらのブログでもジュエリーに関するつぶやきをしていましたが、

それもしっくりとこない部分もあり…

新たなブログに移行するか実験中です。

https://fuchigamiblog.wordpress.com/

ほとんど自分用のメモ的で大した内容がない記事の投稿が続くと思いますが、

ジュエリー関連のつぶやきはこちらになります。

https://fuchigamiblog.wordpress.com/category/ジュエリー/

意味不明な事をつぶやくことも多いですが、どうぞよろしくお願いいたします。

実験中なので、やめになる可能性もゼロではありませんが…

ジュエリーの紹介はこのまましばらくはこちらで継続投稿する予定です。

>> VINTAGE JAPANESE JEWELRY / 肥前屋質店


2016年9月11日日曜日

ファイヤーオパール3.18ct Pt900 ペンダント Pm(Pt600) ネックレス 77cm 昭和ジュエリー



ペンダントは、
1枚目は、ちょっと綺麗に写りすぎましたが(後日、場所を変えてみましたが似たような感じに見える場合もなくはない感じではあります)、様々な色も出て遊色もある、ちょっと薄めのオレンジ色のファイヤーオパールです。

こういう説明になると、何か質が悪そうって印象にはなりますが、そういう事はなく、すごく良い感じではあります。

裏側のピシッとした唐草もポイント。

四角に、Pt900の陽刻

3.18 0.37 の陰刻

ハンドメイドでピシッとしたペンダントです。

ネックレスですが、 長~い、ネックレス。
Pm刻印 5.3g

ちょっと色がほんのり黄色味がかっている感じで、品位はPt600位だろうと思います。(厳密にいうと、調べてもらった時にPt600と教えてもらったのですが、材料がPT850位で、ロウ付け部分がとても多いので、Pt600と答えられている気もするのですが、そこはちょっと確認し忘れました。)

ただ、こちらは、機械で作ったものではなく、

U字状のものをひたすらつなぎ合わせたものです。

今時のネックレスは、機械で作ったものばかりですので、こういう味わい深いのものはちょっと珍しいかと…

プラチナの純度というよりは、昔の手造りのネックレスと捉えていただけると嬉しいです。

仕上済み。

ご購入はこちらをクリック!↓
http://classics.shop-pro.jp/?pid=107247622


>> VINTAGE JAPANESE JEWELRY / 肥前屋質店

アールデコ風 合成サファイア K18 リング #12.7



カッコいいでしょ?ダイヤモンドの雰囲気からすごーく昔って事はなく、昭和30-40年代かなぁと思っています。

これ、多分手造りなんですよねぇ…(職人さんに確認をしてからの納品となりますが…)

何といってもこの直線と円を組み合わせたアールデコっぽいデザイン…

仕上済み。

ご購入はこちらをクリック!↓
http://classics.shop-pro.jp/?pid=107245809


>> VINTAGE JAPANESE JEWELRY / 肥前屋質店

ブログ アーカイブ